クレジットカードの暗証番号は必要?忘れた場合の対処法はコレ!

クレジットカードは今の時代欠かせないものとなっていますが、少し厄介なのが暗証番号の存在です。「暗証番号って覚えてない!」という方、いるのではないでしょうか?

 

クレジットカードを利用すると、サインをするのが一般的な方法ですが、最近はサインなしでお買い物が可能な場合も結構増えてきていますよね。ではそのような時は暗証番号って必要なのでしょうか?

 

そして暗証番号を忘れてしまっている場合、どのような対処が必要なのでしょうか?ココでは暗証番号が必要かどうか、また暗証番号を忘れた場合の対処法について解説してみました。

暗証番号が分からない時もカードは使える!

お店で買い物をしてお会計の時にクレジットカードを利用した時、店員さんから「暗証番号をお願いします」と言われた人は多いでしょう。この時「てっきりサインだと思っていた」のでちょっと驚いてしまう人もいると思います。

基本、暗証番号って忘れている人は多いのではないでしょうか?普段暗証番号などを入力する機会って少ないですよね。しかしご安心ください!「暗証番号を入力してください」と言われても、クレジットカードは使えます!

ICカードの端末が置いていても暗証番号は特に必要なく、この場合はお店の人に「暗証番号が分からないのでサインで」と伝えるとサインに切り替えてもらえます。

たったこれだけですので暗証番号が分からなくてもクレジットカードの利用はできますので、不安になることはありません。

但し、クレジットカードの裏面にきちんと著名がされていることが基本ですので、もし署名(サイン)が無い場合はカードの利用ができません。もちろんカードご本人の名前になります。

 

暗証番号を見られたくない場合はサインで!

お店のIC端末で4桁の数字をボタン入力するのですが、この時他にお客さんがいると後ろからでも、どの辺りのボタンを押したか、などある程度分かってしまいます。

後方から暗証番号の入力を見られていると思うとちょっと嫌ですよね。このような場合、もし不安ならばサインに切り替えてもらう、というのもアリでしょう。

 

 

そもそもカードの暗証番号って必要なのか?

普段からクレジットカードで買い物をしている方ならご存知とは思いますが、暗証番号が必要な時と必要ではない場合があります。ではなぜ違いがあるのかを下で書いてみました。

 

カード利用で暗証番号が必要な時

主にICチップの読み取り機が設置している店舗は、クレジットカードを利用すると暗証番号を求められるようになっています。レジ付近に電卓に似たような機械が置いているのを見たことがありませんか?

 

 

このICチップの読み取り端末が設置しているお店については、暗証番号の入力を求められるケースがほとんどです。しかし先ほども説明をした通り、暗証番号の代替としてサインをするだけでOKですので決して必要、という意味ではありません。

また必ず暗証番号が必要なケースとして、キャッシングなどのサービスを必要としている場合が当てはまります。これは機械の仕様上、どうしても4桁の暗証番号が必要となります。

さすがにATMのような機械にサインをするような場所はありませんよね?このような場合はサインなどを代わりに手続きをすることは出来ませんので、暗証番号が必要となります。

 

暗証番号ではなくサインが必要な時

サインが必要な場合は、お買い物をしたお店がICチップの読み取りを出来る環境ではない場合、そしてクレジットカードそのものにICチップが無い場合、サインが必要です。

最近発行しているクレジットカードはほとんどICチップが付いていますのが、少し前のクレジットカードですとICチップが無いカードもあります。

 

暗証番号やサインも不要な場合もある

最近はこのサインレス決済も増えてきております。暗証番号やサインをする必要がなくなるととても便利ですよね。時間の短縮にも繋がりますし良いことです。

暗証番号もサインも不要な時は、主に少額の決済などの場合が多く、またこのような「サインレス決済」を実施している店舗は限られています。メジャーな所ですとコンビニなどがありますね。

またお店によって設定金額なども異なります。3000円未満ですと暗証番号もサインも不要、1万円以上のお買い物の場合暗証番号もしくはサインが必要、など利用するお店によってこの辺りは変わってきます。

 

ネットでカード決済時は暗証番号が不要

インターネットでの通販サイトなどでクレジットカードでの購入をする場合、基本的には暗証番号など必要ありません。その代わりサインや暗証番号の入力に比べて少し面倒かもしれません。

ネットでカード決済をする場合は、カード番号や有効期限、場合によってはセキュリティコードの入力を必要とします。もちろん名前の入力などもアルファベットで入力する流れです。

但し、セキュリティ設定をしている場合は暗証番号が必要な場合もあります。3Dセキュア(本人認証サービス)を利用している方なら、カード決済をするサービスによってはパスワードを求められます。この場合、暗証番号を忘れているなら買い物ができません。

 

このように暗証番号が必要かどうかは利用するサービス(店舗)によって違うことが分かります。お買い物などの場合、ほとんど暗証番号は必要としません。

ですが特定のサービス(キャッシングやチケットの購入)などでは暗証番号が必要となりますので、必要か不必要かと言われるとカードを常に利用している方は必要になってくるでしょう。

では忘れている暗証番号ってどうやって知ることができるのか?続いて解説したいと思います。

 

暗証番号を忘れた場合の対処法

カード会社によって異なりますが、基本的にカードを作った場合「暗証番号通知書」のような書類が自宅に届くと思います。

それを見れば確認できるのですが、このような書類ってどこにしまったのか…思い出せない人も多いでしょう。そのような場合はいくつか暗証番号を知る方法があります。

 

カスタマーセンター等で照会をする方法

ほとんどのカード会社では「カスタマーセンター」などクレジットカード専用の電話サポートセンターが用意されています。ここに電話をかけて暗証番号の照会をする方法があります。

但し、この場合その場で教えてくれることは少なく、暗証番号が記載されたハガキを届けるような仕組みになっている場合が多いです。この場合ですと1週間~ほどかかってしまいます。

 

ネットのサービスから確認する方法

例えば有名な「楽天カード」ですと専用ウェブサービスの「e-navi」にて暗証番号の確認を簡単にすることができます。この場合ですと、暗証番号を忘れていてもその場で即チェックすることができるので、非常に楽です。

当然ですがスマートフォンからの利用ができます。但し、楽天カードの場合、ICチップが搭載されたカードで「暗証番号の変更」をしたい場合は、カードの再発行手続きとなるので面倒です。

ですが単純に暗証番号を確認したい場合は凄く便利ですね。このように暗証番号を知る方法がありますが、基本はカード会社に問い合わせをするのが一般的な方法となるでしょう。

暗証番号の確認方法で、楽天カードのような簡単に調べることができるサービスを提供しているカード会社は少ないようですので、出来るだけ暗証番号は覚えておきたいところです。

 

暗証番号を間違えるとロックされる場合も

クレジットカードの暗証番号が分からないので、勘を頼りに何度も暗証番号の入力をしていると「ロック」がかかってしまう恐れがあります。ロックがかかってしまうと厄介です。

クレジットカードにロックがかかってしまったのでカードが使えない!と普通は思いますが、実はロックがかかってしまってもカードの利用は可能です。

単純に暗証番号でのカード利用ができないだけで、これをサインに切り替えて貰うだけでカードの利用ができます。ではこの場合もそのまま放置…という訳にはいきません。

きちんとカード会社に連絡をしてロックを解除してもらう手続きをしましょう。サイン決済よりもセキュリティ上では暗証番号決済の方がいいですし、何よりもロックされると不便です。

もし暗証番号を忘れているのであれば、無理に何度も暗証番号の入力をしないことも大切です。焦らず暗証番号が分かってから利用するようにしましょう。

 

暗証番号は必要なので覚えておこう

先ほども説明しましたが、暗証番号が分からない場合でも特に問題はないことが分かりました。しかし暗証番号は忘れている状態でも構わない、ということではありません。

例えば暗証番号の通知書を紛失してしまった場合、誰かに悪用される恐れもありますし、また暗証番号を覚えていないと毎回「サインで」と言うことになります。

サインよりも4桁の数字を入力する方が早いですし、暗証番号を覚えておくと何かとスムーズですのでもし忘れている場合はきちんとそれなりの対処が必要です。

ちなみに暗証番号は覚えやすい数字にしたい!となりますがあまりにも簡単な数字の構成などをするのはNGです。出来るだけ貴方と想像できないような数字にするのがポイントですね。

例えば暗証番号を誕生日にする。現在では誕生日などの設定はできないのですが、このように貴方と連想されるような番号を設定するのは避けておくべきです。